親の気持ち!

最近、ハイハイ、つかまり立ちを完璧にマスターした娘。
みるみる行動範囲は広くなり、
移動のスピードも速くなる。

成長しているんだなぁ〜。
と嬉しい反面、困ったことが・・・。

それは、私へ横になるよう、
なんとなくのサインを送ってきます。

そして、横になると同時に
ドーーーーン!バーーーーン!
髪の毛ぐしゃぐしゃー!
と私を公園の遊具とでも勘違いしているかのような
私の全身に娘の全身を使ってのなんとも乱暴な遊び方。

笑「痛いから~やめて~」と言えば言う程
大爆笑で更にエスカレート
いい加減なところまではそれで放っておくのですが
本当に痛い。

痛いどころじゃない。
髪に関しては、このままではハゲる!
「もうだめ!それはやりすぎ!」
と本格的に怒ると大号泣。

そして、近くにいる別の人間に言いつけるかのように泣きつきに行く。
すると、どういうわけか、確実に怒らない人間をわかっているのか
「悲しかったね~」と言われ、どや顔で私へ熱い視線を送ってくる。

いや、絶対私は悪くないぞ!と
思いつつもなんだか私が悪いのかと
錯覚するような空気感・・・。

9ヶ月にしてそんな技を習得した娘。
このままではとんでもない、魔性の女になりかねない(ー_ー;)・・・。

何とかやめさせなければ!と焦る私。
しかし、私の父も母も娘にメロメロ。

まだ、しっかりしつける必要はないと、
結局娘に助け船がいつも出される。

どうしたものか。
悩みは尽きそうにもありません(^^)。